ウーマン

自分も周りもツライわきがの症状は専門のクリニックに相談しよう

脇の下の臭いの解消方法

笑顔の女性

レベルと対処方法

わきがで悩んでいる方は、意外と多いのではないでしょうか。しかし今では様々な治療方法がありますので、まずそれを試してみるのがお勧めです。また一口にわきがといっても、軽度から重度まで様々なレベルがあり、レベルによって方法も異なって来ます。軽度の場合は、塗り薬や飲み薬で対応できますし、中度の場合はボトックス注射や電気針による治療方法があります。そして重度のわきがの場合は、やはり外科手術で対応することになります。この外科手術で最も多く用いられているのが、剪除法という方法です。脇の下を切り開いて、わきがのもととなるアポクリン腺をひとつずつ取り除いて行く方法なので、確実にわきがを抑えることができます。入院せずに手術ができますが、術後しばらくはガーゼなどで傷口を押さえる必要があります。費用は30万円ほどかかりますが、クリニックによっては保険が適用されます。一方で、非直視下手術といって、脇の下を切り開かずに、穴を開けてそこからアポクリン腺や皮脂腺、あるいは汗腺などを掻き出す治療方法もあります。またこれを応用して、超音波を使って、アポクリン腺などを熱によって破壊する方法、脇の下の切開後、ローラーでアポクリン腺や汗腺を削り取る方法もあります。

手術を受ける時の注意点

これらの非直視下手術、つまり脇を切り開かずに行う手術は、傷跡は残りにくいのですが、脇を切り開いて行う方法に比べると、アポクリン腺や汗腺が残ってしまう可能性が高くなります。また超音波を使う方法は、場合によっては火傷などの合併症を引き起こすこともあります。またローラーで削り取る方法は、回復に時間がかかります。一方脇を切り開いて手術を行う治療方法は、確実にアポクリン腺を除去することができますが、傷跡が残りやすくなります。ですから、縫合技術をきちんとしてくれるクリニックで、手術を受けるようにしましょう。またこの方法を選ぶと、脇毛が少なくなることがありますので、その点にも気をつけましょう。費用に関しては、穴を開けてアポクリン腺を掻き出す方法が最も安く、15万円程度といわれています。しかし、保険の適用の有無もありますので、まずクリニックで相談してみてください。それから、レーザー脱毛をするとわきがになりやすいとよく言われますが、レーザー脱毛をした場合は汗が出やすくなるのであって、厳密にはわきががひどくなるのではありません。むしろ体毛がなくなるので、汗がこもることもなくなり、メリットも大きいので、心配せずに受けてください。