ウーマン

自分も周りもツライわきがの症状は専門のクリニックに相談しよう

わきの臭いの悩み

腕を上げる人

わきの臭いの原因

日本人は体臭などの、体から発せられる「臭い」にとても敏感です。その体臭に最も関係しているのが「汗」とされています。特にワキに汗をかくことで発生する「わきが」の刺激的な臭いは、本人にとっても周囲の人間にとっても大きな悩みの種となってしまいます。わきがは美容整形外科や美容クリニックで治療が可能です。近年では男性の美意識の高まりから、美容整形外科に多汗症やわきがの相談に来られる男性も、年々増加傾向にあります。わきがが発生する主な原因が「アポクリン汗腺」から分泌される汗とされています。汗を分泌させる「汗腺」はエクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類です。生活習慣やストレスなどが要因で交感神経が乱れることにより、エクリン汗腺から必要以上の汗が分泌される状態が「多汗症」です。一方アポクリン汗腺はフェロモンを分泌する為に存在しているので、分泌される汗はもともと多少なりとも臭いがあるのです。このアポクリン汗腺から出た臭いつきの汗と、皮脂腺から出る脂分が混ざり合い、皮膚に存在する細菌によって分解されることで、刺激的なわきが臭が発生するとされています。美容整形外科での、わきがの治療はこのアポクリン汗腺の除去が基本となります。

わき汗や臭いの改善方法

美容整形外科、美容クリニックでのわきが治療は、マイクロ波照射、ボトックス注射、そして外科手術による切開法などが現在主流となっています。マイクロ波照射での治療は、傷を残すことなく、臭いの元である「アポクリン汗腺」を全て破壊することが可能な治療法です。重度の多汗症、わきがを根本的に改善可能であり、効果もボトックス注射と比べると大変長期間とされています。専用の機器によって照射される「マイクロ波」は、水分にのみ反応し熱エネルギーを発生させる為、水分量の多い汗腺だけを破壊することが可能なのです。周囲の組織には全く影響を与えず、施術は局所麻酔を行う為、熱や痛みを感じることも殆どありません。次にボトックス注射とは、汗の抑制に有効な「ボトックス」という成分を直接注射する治療法です。治療は約10分ほどで済みますが、汗抑制の効果は半年前後とされています。多汗症、軽度のわきがに有効な治療法です。最後に、現在最もわきがの治療に効果が高いとされているのが、外科手術による「切開法」です。他の治療法で改善できなかったわきが、症状が非常に重度なわきがも確実に改善できる治療法です。施術はワキの下を5センチほど切開し、皮下内のアポクリン汗腺を医師が目で確認し、切除し取り除く方法となります。